【お問い合わせ】9:00~18:00(木曜定休)
088-866-1323

喪服のクリーニングするタイミング


一度着た喪服は、着ていた時間が短かった場合でもクリーニングに出すのがおすすめです。
その理由は主に2つがあります。
汗やホコリなど目立った汚れはついてない場合でも、一度着た衣服には見えない汚れがついています。
喪服についた見えない汚れを放っておくと、梅雨の時などに白カビが発生する原因になります。
一度白カビがつくと、落としきるのに手間がかかってしまいます。
特に雨に濡れた喪服は、着用後に乾かしたとしてもカビの原因が潜んでいることもあります。
クリーニングしないでそのまましまっておいた喪服を、いざ着ようとしたところ、白カビがついていたというケースもあるほどです。
着用後に喪服をクリーニングに出せば、このようなトラブルは避けられます。
白カビを防いて喪服をきれいに保つために、毎回のクリーニングは欠かせません。
それと縁起として洗ったほうがいい
お通夜・葬儀から帰宅した時は、身の回りにお清めの塩をふりかけるしきたりがあります。
喪服は、弔事の場に着て行ったものです。
縁起がよくないものを後まで引きずらないという理由から、喪服をクリーニングに出してすっきりと清めてもらうという考え方です。
次に喪服を着る機会がいつになるかはまったくわからない、喪服を着る機会はないに越したことはないため、一度着た喪服は縁起としてクリーニングに出した方がよいと言えます。